FC2ブログ

ルサンチマンの心理

ここでは、「ルサンチマンの心理」 に関する記事を紹介しています。
VER88_sumafonayamu15150207_TP_V4.jpg

 昔筆者は年功序列システムの最下層で仕事をしていたから、タイトルの「ルサンチマンの心理」というものがよくわかる。その心理を脱出したのが、当時週末起業フォーラムの会に参加したことだ。そこで以下の条件を満たさない人がいて、「日本人にもまともな人がいる」と思ったのが考え方を変えるきっかけとなった。

・上の言うことは絶対で反論は認めない。
・自分へのプレッシャーはすごく高いが、上司はやばいとすぐに責任を押しつけて逃げる。
・飲み会は強制参加でやりたくない司会を問答無用でやらされる。
・ブラッドハラスメントがひどい。「B型は劣等種でA型は神経質だから仕事ができる」みたいなことを平気で言うし、ゆえに人の血液型を聞いてくる。
 上記のような職場でうだつが上がらないと、SNSなどで愚痴を吐きたくなる衝動に駆られる。恐らく多くの手取り月収15万円の人の心理は行動は異なれど、近いことをやっていると思われる。

そして自分のように年功序列システムの最下層にいてコキ使われると、「日本人は人種差別や暴力という名のかわいがりが好きな民族だ。例外はない」という先入観にとらわれて、違う人なんていないと心理的な状況を変えるハードルがとんでもなく上がってしまう。

 これを知識階層は「だからお前は月収15万円なんだよ!」と切り捨てる。そもそも暴力によって自由を散々阻害されてきた人が「ネットでいくらでも稼げる」と言われても、考え方や道徳観がその時点で接点がないので、この言葉は響かないのだ。

 このことに気づいていない知識階層はかなり多い。そしてこの考え方や道徳観の差を解消することが今の社会に必要なことではないかと筆者は考えている。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

関連タグ : 日本人,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/922-13b7a1d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック