FC2ブログ

電子書籍の英訳化コスト

ここでは、「電子書籍の英訳化コスト」 に関する記事を紹介しています。
TSURU17623010_TP_V4.jpg

 ココナラで電子書籍の英訳化にどれくらいお金がかかるのか調べてみた。8,200文字でおよそ10万円することがわかった。やはり翻訳なので1文字の単価が10円超えはざらだ。ココナラは自分の得意なことを売るサイトのことを指す。仕事を外注するときに使えると考え、概要欄を読んでコストを算出した。
 電子書籍の英訳化をしようとした動機は、当ブログの画面右に紹介しているダイエットの本をもっと多くの人が見るには、英語が欠かせないという簡単な理由からだ。ダイエット本は210円で販売しているので、仮に外注をしたとすると500冊は売らないと元が取れない。

 中々難しい問題となっている。ダイエット本は内容を軽めに書いているが、ブログの達人の記事を読むと小学生にもわかる文章にして伝えないと、アフィリエイトでお金は入ってこないと述べている。つまり売れるようにするには、文字数はとんでもなく増えることは間違いなく、電子書籍に詳しく書いた内容を翻訳しようとすると、恐らく30万円はいくことはまちがいない。

 自分の書籍を翻訳して、かつ利益を出そうと考えるならば、まずはブログのアフィリエイトで月数万円を数カ月、継続して得られるくらいでないと損をするのは目に見えているというわけだ。

 9月のチャレンジに英訳化した本を出すと決意表明したが、ここでも方法論が間違っていることに気づいた。

2019年9月の30日チャレンジ

 調査までは行ったが、分の悪いとわかっている賭けにお金は投資しては貧困になるスピードを速めるだけだ。ライティングとマーケティングの併用は中々奥が深くて勉強になる。

 30日チャレンジは失敗したが、儲けるためのストーリーが分かったことで自分を納得させることにする。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

関連タグ : マーケティング, 出版,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/898-526e6172
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック