FC2ブログ

野菜の下ごしらえのデザインパターン

ここでは、「野菜の下ごしらえのデザインパターン」 に関する記事を紹介しています。
nasuIMGL4401_TP_V4.jpg

 タイトルにあるデザインパターンとは似たようなことはシステム化して手抜きしましょうという手段のことを言う。
 大雑把に野菜の下ごしらえの方法は2パターンに分かれる。一つは皿に乗せてレンジで温めるもの、もう一つは熱湯に軽く塩を入れてさっと茹でる方法の2種類に分類される。例外は大根で、茹でる時間が他の野菜と比べると長い。(10分程度茹でる)

 前者はカボチャ、ニンジン、ナスが挙げられる。後者は小松菜、キャベツ、白菜が挙げられる。レシピを作るときに下ごしらえをデザインパターン化しておけば、後は保存なり調理なりに使用すれば良いことになる。

 献立を考えるのが面倒くさい場合は、料理をデザインパターン化するようにすれば、悩む必要も無くなる。今後は調理方法についてデザインパターンを確立していく。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

関連タグ : デザインパターン,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/870-17b0ac67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック