FC2ブログ

自分の考えを文章にするタイピング時間

ここでは、「自分の考えを文章にするタイピング時間」 に関する記事を紹介しています。
macbookFTHG1289_TP_V4.jpg

 昨日から夏季休暇に入ったので、親指シフトの練習を執筆を兼ねてしている。
 今までは執筆活動はローマ字入力だったが、その時のタイピングのスピードは約1,000文字/時間だった。親指シフトを覚えてから3カ月が経つが、今のタイプのスピードは約800文字/時間程度となっている。まだ頭で文字の位置を思い出しながらタイピングしているので、かなりスピードは遅いはずだが、それでも練習を積み重ねることでそれほど差はつかなくなってきた。

 母音以外は打鍵数が約半分になっているので、結果は出ているという事か。今後の課題は、無変換や変換キーを併用するので、考えながら打つと、カタカナにすぐ変換されてしまうという点が一つ。もう一つは頭とタイピングの変換スピードが遅いという事だ。スピードを上げようとすると誤打鍵が増える。これを癖にしたくない。

 ゆえに、今は確実性を取ってゆっくりタイピングを習得しようとしている。それでも誤打鍵をしてしまうのだから難しい。もっとタイピングの頻度を上げれば早く覚えられるのだろうが、仕事の都合上プライベートで打鍵する時間は限られており、中々難儀している。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

関連タグ : 親指シフト,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/869-d65778b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック