FC2ブログ

次回作への課題

ここでは、「次回作への課題」 に関する記事を紹介しています。
 「売れる本」と「内容の良い本」は当然ながら異なる。「売れる本」に比重を置かないとどんなに内容が良くても買われることはないからだ。
 そこで今後の課題とマーケティングを考えてみた。ブログのアクセス数と本のタイトルで比較した場合、アクセス数がいくらあっても本は売れない。そしてアマゾンや楽天で売れるようになるには、書籍のタイトル、帯、著者紹介、はじめにが重要になる。

 書籍のタイトルと著者紹介はリンクしていなくてはならない。かつ著者紹介欄は専門家、できれば肩書があると人気が出そうだ。はじめには書籍のさわりの部分を述べて、人の感情を打つ書き方をする。調べてみると上記4つが買う人の心を掴むような表現をしなければ、まず読むという行為に及ばない。

 しかも、タイトルはある特定の集団が得をするという表現ではなく、個人がこれを読むことで得をするというもの、簡単、短時間で身につくような内容が売れるようだ。これらに比重を置き、内容も濃いものに書いていくとどれだけ売れるのか今後の検討課題としている。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

関連タグ : マーケティング,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/840-94ba5155
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック