FC2ブログ

流動性が高く、人手不足での日本の雇用情勢を整理する

ここでは、「流動性が高く、人手不足での日本の雇用情勢を整理する」 に関する記事を紹介しています。
 とある無職ブログを拝見したところ、今は人手不足なら経営者のほうが三顧の礼をして従業員を雇う努力しろと述べていた。この内容からも力関係は完全に逆転したと言っていい。
 自分が見た経営者は大抵従業員に対して「お前の代わりなどいくらでもいる」という態度をとっている者が多数だった。この精神でロビー活動をした結果が、ニートなどを労働市場に復活させるという思考にならずに、外国人をもっと積極的に雇うという行動になったのだ。

 しかし、いくら賃金の安い国から来ている外国人でも上記のような経営者が日本の大半を占めるのならば、日本には来なくなるだろう。何故なら外国人も働きやすい国を選択する自由があるからだ。政治家や経営者は上記のような考え方を改められないのであれば、日本からはどんどん優秀な人材は来なくなるどころか、どんどん逃げていく。このような経営者は頭を下げられないので、国家が変わるということに期待してはいけない。

 そして某外資系出身ブロガーのように、競争の激しい海外より緩い日本の環境のほうが圧倒的優位性を保てると考えている人しか、頭のいい人は住まなくなるのではないだろうか。他は何を教えても行動を起こさない、それどころか自分が最低限度の生活を保障するためのお金をよこせという貧民層しか住まなくなるのではないだろうか。

 当然、貧民層の中には環境が良ければすごい能力を発揮する人がいるのは重々承知しているが、それは上記の母集団の中の外れ値に過ぎない。国家はこういった考えの人を強制的に少なくすることが目的のはずだがそうしない。今後30年後日本はどうなっているのか、某外資系出身ブロガーのような人には天国に、上記多数の貧困層には抜け出せない地獄のような生活を毎日耐えなければならない二極化が進んでいくと思われる。

 自分は前者になるために、色々勉強をしているが成果は中々現れない。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

関連タグ : 経営者, ,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/833-6f091bb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック