FC2ブログ

雇われ人として働く方法の変化

ここでは、「雇われ人として働く方法の変化」 に関する記事を紹介しています。
 日本の労働情勢が変わってきた。これからは狭い視野しか持てない人は地獄を見ることになるに違いない。狭い視野というのは自分が学生時代の時に経験した、マークシート至上主義すなわち正解は1つだけで、他はハズレという教育しか受けなかった真面目な人が該当する。
 広い視野を持っている人は、大企業とでさえ交渉を有利に運ぶことができそうだ。すなわち賃金面で交渉の余地が出てきそうだ。そして勉強していて分かったが、ポーターの戦略関連の本やゲーム理論、残業学あたりを熟読して自分の優位性を確保したほうが良い時代になってきた。

 これができない人は、雇用の流動性が高まっても賃金の安い職業にしか就けなくなる可能性が高くなる。上記の本で学んだことを次回作の本にまとめようと考えている。今まで流動性が低い時代は大企業のいう事に従うしかなかった事情が、今度は従業員でも大企業に対して有利に交渉する可能性もある時代になったのだ。

 視野が広くなった人は、これから鬱積した思いを爆発させて良い時代になったと思うがこれ以外の日本式の考え方で生きている人は、早急に考え方を改めないと、淘汰されてしまう世の中になった。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/832-77c7b052
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック