FC2ブログ

親指シフトを仕事で活用する方法

ここでは、「親指シフトを仕事で活用する方法」 に関する記事を紹介しています。
 2カ月親指シフトを使っているが、打鍵スピードがいまいちのためローマ字入力と使い分けている。
 親指シフトはノートPCや小さいキーボードでは打鍵が早くならない。変換、無変換キーと文字キーの間が狭すぎるのが要因ではないだろうか。家にしても、職場にしてもキーボードを置くスペースがない。

 現状はこんなところだが、それでもメリットはある。それは、予測変換がローマ字より早いということだ。英字だと2文字打たなければ日本語が出てこないのに対し、親指シフトは1文字で予測変換が出ることだ。この差は意外と大きいと思っている。打鍵は事務職では頻繁に行うため、蓄積されると時間の大幅削減につながる。

 こう考えると、親指シフトは覚えていても損はないということがわかったのは収穫だった。ただ、文章を書くにはまだスピードが遅いのでローマ字で書いている。そこはうまく使い分けている。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

関連タグ : 親指シフト,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/820-e6ba7038
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック