FC2ブログ

株価の裏とりは意外に難しい

ここでは、「株価の裏とりは意外に難しい」 に関する記事を紹介しています。
株式投資をしていると、ファンダメンタルズは全然ダメという銘柄があっても、表面上の数字の良さで上がる銘柄が結構あるのでチャートの動きも見ながら投資をしなければならない。
 チャートの動きが良い場合は何かしら、いい材料があるのではないだろうかと裏を取る必要がある。それがファンダメンタルズ上は悪くても、表面上の利益が良ければ上がることもある。それがどの時点で逃げるべきなのかということも含め、考えなければならない。

 また、チャートがこれ以上下がらないで横ばいになっているときは、業績がこれ以上悪化しにくいという裏をチャートから判断しなければならない。要するにチャートありきで、ファンダメンタルズはその裏を取るための材料となる。ファンダメンタルズはP/L面とB/S面があるが、最終的に表に出てくるのはB/Sで、株価が短期で動きやすい指標としてP/Lが見られるようだ。

 そして、IRで発表した出来事の裏の裏も読まなければならない。こういったことは日常新しいことを発見し続ける強い好奇心が必要だ。まだ、自分は新聞の国際面から群集心理を探ることを研究するので精いっぱいだが、いずれはIRから裏取りをしてみたい。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/786-07932d72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック