FC2ブログ

飲み過ぎ事故にかかる費用

ここでは、「飲み過ぎ事故にかかる費用」 に関する記事を紹介しています。
 先日、妻が歓送迎会でお酒を飲み過ぎて病院に運ばれた。自分は夜中に電話を受けて急遽救急病院にタクシーで向かった。
 単純に飲み過ぎですとの診断だった。当然、飲み過ぎなので電車で帰ることは出来ない。よってタクシーで帰宅した。救急病院にかかった費用が5,530円、往復タクシーが約5,000円。合計で大体10,000円かかった。因みに職場は自分より妻のほうが近いのでタクシー代が片道2,500円程度で済んだ。妻の職場は電車と徒歩で自宅から約30分程度だ。もし、自分が同じことをしていたらこの程度のお金で済まないことがよくわかる。

 また、飲み会ということは時間が夜遅くというのも重要なポイントだ。夜遅いということは病院に向かう手段が電車という手を取りにくくなっている時間帯ということだ。そして必ず帰りはタクシーを使うことは想像に難くない。昔、某上場企業の下請けで仕事をしていた時に無理やりお酒を飲まされて気持ち悪くなったことがある。こういうコストを元受けが支払うかというと支払わない。ムラ社会はとてつもなく不条理な社会だということがよくわかる。

 余談だが、妻はスパークリングワインを1本まるまる飲んで病院に運ばれた。1本というと750mlということだろう。その間に水は飲まなかったという。つまりこの基準で病院に担ぎ込まれるということは、お酒は水を飲みつつ500ml未満の量で止めておけということだ。こういうことがあると下戸な自分は飲み会でお酒など全く飲まない方が安心できる。上記で書いたとおり、病院にかかる費用は自己負担なのだから。

 これは、お酒好きの人や飲み会強制参加のような体育会系の組織で、上記のようなことがあったらこれだけコストがかかるという点で自分でも戒めとして、また備忘録として記載する。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/762-580bfa0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック