FC2ブログ

未来のことはわからないが考え方は洗練させる必要はある

ここでは、「未来のことはわからないが考え方は洗練させる必要はある」 に関する記事を紹介しています。
 投資をしていると、理想としている未来と現実のギャップをまざまざと見せつけられる。そういったことが損切りなどに現れる。
 未来は誰にも読めないから読もうとしても意味がないという考え方は正しいと思うが、だからと言って今現在快楽に溺れろというのも違う気がする。自分が周りの環境が自助努力をせざるを得ない環境のせいか、凡人から成り上がった人の自伝を読むといつも感心する。

 そのため、未来は読めなくても景気のサイクルは好景気がいつまでも続かないし、必ず不景気が来ることは歴史が証明していてそれが覆ったことはない。つまり、このサイクルは必ず訪れるのだからそこに向かって機敏に動く準備だけはしておくべきだと考えている。

 投資のブログをいくつか読んでいるが、景気のピークは過ぎたのではという記事をいくつか目にする。確かに2009年をそこに株価は上昇を続け、去年日経平均は24,000円台をピークにそこまで現在戻れていない。だが、それが戻るかどうかは誰にもわからない。だからこそ不景気に備え金銭の蓄えはコツコツ行っている。

 2009年の時に日本人の本性を見た自分は、圧倒的な能力と行動力があれば恐らく不景気など感じないのだろうと思うようになってきた。まだ行動力が伴っていないが少しずつそれは実行してきている。動きは遅いがそれをどんどん加速させれば今度の不景気時にチャンスが訪れるに違いない。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/759-c7ad8540
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック