FC2ブログ

風呂の暖房代節約検証

ここでは、「風呂の暖房代節約検証」 に関する記事を紹介しています。
 私事で恐縮だが、冬の風呂の暖房代が前年と比べてどれだけ減ったか検証してみた。
 今まで、風呂に暖房を入れていたが、入浴中かけており、およそ30分使用していた。それを、ほとんどかけないで、寒さが厳しい日は入浴2分前に暖房を入れて、髭を剃り終わったときに切るという行為で節電してみた。この行為が終わる時間が大体6分前後。

 今までだと、頭を洗う、体を洗う行為をすると一気に体が冷えてしまうので、ずっとかけっぱなしだったわけだが、その行為の時間を短くしてみた。体は石鹸をつけて洗うと角質が落ちてあまり体によろしくないとの情報を得たので、洗う箇所を制限してあとは洗わないようにして時間短縮を図った。そのかわり、湯船につかる時間を増やした。(およそ10分程度)

 ネットで調べたところ、浴室暖房は1日30分使用した場合、1カ月30日として計算すると、1カ月20kWhになる。これが仮に6分に変わると、時間数で約1/5節約になるので、4kWhになる。つまり16kWhの節約になるというシミュレーション結果になった。

 そして、1月の電気代を調べたところ、前年が191kWh、今年が184kWhとなり、7kWh減となった。シミュレーションどおりいかなかった理由を考えると、今年は去年と比べて寒い日が多く、2部屋暖房をつけた日が1日あった。それとは別に暖房をつけている時間が長かったのも要因としてあると推測する。しかしながら、7kWh節約できたということは上記の要因を考慮すると大体シミュレーションどおりの結果に近いものになったのではないだろうか?

 ちなみに、消費電力が120kWh~300kWhのレンジでの電気代は1kWhは26円となっており、1カ月で182円電気代を節約できた。細かいという人がいるかもしれないが、生活習慣を見直すことでこの節約は恒常的に減っているという事実をお忘れなく。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/74-4bcff904
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック