FC2ブログ

形状記憶Yシャツの損切り

ここでは、「形状記憶Yシャツの損切り」 に関する記事を紹介しています。
 先日、形状記憶シャツがアイロンがけしなくて便利と思って買ったが、意外にそうでもなかったので損切りした。そこにおけるいろいろ思ったことを。
 形状記憶シャツを買おうと思ったきっかけは、ちょうどYシャツ2着が襟のところがボロボロになったので替え時になったのが理由。上記で書いた通り、アイロンがけは結構時間がかかるので、洗濯だけで済ませられると思ったのが買おうと思ったきっかけだった。

 しかし、洗濯で脱水を最小時間にしたにもかかわらず、Yシャツのしわが結局できてしまって、アイロンがけも中でかけてくれと注意事項が書いているのでかけてみると、しわを取るまで普通のYシャツより時間が余計にかかる。結局大して着ないで洋服の青山に下取りに出した。

 大して着なかったので、そのまま捨てるのはもったいないし、下取りに出せば多分中古で誰かが着るだろうという予想で下取りに出した。捨てた場合は社会的コストがそのまま損失されてしまうが、この場合は損失コストが軽減されるので良しと思い、それで納得した。

 今回勉強になったのは、形状記憶Yシャツは普通のYシャツの倍の値段がするが、意外に手間がかかることだ。うまくやる人もいるが、自分の場合は相性が悪かったというのが1点。もう一点は今回、今まで形状記憶シャツを買ったことがなかったので試みとしては初めてとなるわけだが、その時にリスク分散で2着買わないで、1着だけお試しで買えば損失額は半分で済んだことだ。

 どこかで思考の怠慢があると、損失額が大きくなることは収穫だった。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/73-5a63f41f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック