FC2ブログ

予算1,350円で主菜と副菜を作るのは難しいか?

ここでは、「予算1,350円で主菜と副菜を作るのは難しいか?」 に関する記事を紹介しています。
 今、料理の本を何冊か読んで主菜と副菜の2種を作ることが可能か試している。その理由は腹持ちを良くさせるためだ。
 野菜は大体3,4人前でスーパーで売っている。今のところそれを全部使いきり3人前分の料理を作り1人前は翌日用として冷蔵庫で保存している。今のところ半額セールの野菜を買うと予算1,350円(2人で3食分。1人前予算225円)にぎりぎり入れることが可能なようだ。

 例えば、ほうれん草のおひたしを副菜で作ってみた。作り方は簡単でほうれん草を塩ゆでしてそこに蟹かまぼこを載せて酢を足したものだ。これでかかった金額はかにかま169円、ほうれん草128円となっている。(すべて税別。税込みは合計321円)

 続いて主菜は照り焼きピザの上に載っている具を模したものを作った。材料は鶏もも肉、上記で使ったほうれん草の余り、缶詰のコーン、玉ねぎを使用。使った金額は鶏もも肉が261円、缶詰のコーン88円、玉ねぎ88円となっている。(すべて税別。税込みは472円)

 続いて別の日の主菜を作ったら3人前になった。料理は肉じゃがの変形で肉カボチャを作ってみた。材料はごぼうと人参の切り身が100円、上記の玉ねぎの余り、カボチャの切り身78円、アマニ豚こま117円。(すべて税別。税込みは319円)

 以上合計すると、321円+472円+319円=1,112円となる。但し、副菜がついたのは3人前のみ。つまり6食すべてに副菜をつけることは出来なかった。ただ、最後の肉カボチャは容量がかなり多かったので、6食分ではなく7食分になった。おかずの予算としては大幅に下回ったことになる。

 雑に作ったのでこのようなことになったが、保存用に野菜を分けて使えば副菜を6食分作ることも可能なことが判明した。男が作る料理なので雑かつ大味だが、コストと満足度を追求するとどこまでも良化できそうな気がする。この料理道は週末を活用してもっと研究していきたいと考えている。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/726-d378b1fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック