FC2ブログ

過去の出版物から新刊の推測をしてみる

ここでは、「過去の出版物から新刊の推測をしてみる」 に関する記事を紹介しています。
 先日、4冊目の本が出たわけだが楽天ブックスの初動のランキングを見ると過去4冊出した中で片づけの本(2冊目)の次に売れているようだ。
 今回も片付けの本だが、仕事に特化していることとタイトルだけ見ると2匹目のドジョウのようなものになっている。これをマーケティングの観点から見るとさすがに人気は前回より下がるだろうという推測(片付けというカテゴリで飽きが来始める頃。しかし、3回目ならともかく2回目ではそれほど注目度が急速に落ちるということはない)とマーケティングの要点をところどころ散りばめた内容で初動のランキングはどうなったのか、2冊目と比較してみる。なお、楽天ブックスではカテゴリが大中小のカテゴリに分かれており、当然分野によってこの中小のカテゴリの中身は変わる。では初動のランキングを以下に示す。

・2冊目:大カテゴリ:4,820位、中カテゴリ:42位、小カテゴリ:3位
・4冊目:大カテゴリ:5,821位、中カテゴリ:167位、小カテゴリ:15位

 この結果は自分としては中々面白い結果となっている。というのも1冊目と3冊目は初動の売上が小カテゴリでともに100位以下となっている。そのため何も注目されていなかった。しかし、2冊目の本はそれなりに売れたので実はレビューが1件ついていた。レビューの評価は悪かったものの、それなりに注目されていたゆえにレビューがついていたといえる。

 そこまで達するベンチマークとして小カテゴリで3位という順位を取っていればレビューがついたことが事実として残っている。そのレビュー件数は1件とはいえ、順位との相関はあると思うのでこの結果は冷静に受け止めたい。ただ、他2冊のランキングがあまりにも低かったのでレビューがつく順位はどのくらいなのか4冊目の本は参考になるところがあるだろう。

 当然、レビューがつくまでそれなりの時間がかかる。恐らく発売してから1、2カ月はかかるだろう。今後、本を出すうえで面白いと思うところなので、契約先との契約が続く限りこの分析は続けていきたいと考えている。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/692-69164739
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック