FC2ブログ

論理は絶対ではない

ここでは、「論理は絶対ではない」 に関する記事を紹介しています。
 先日、実家に帰って母と引っ越しの話しをした。その時に母はおもむろに地図を出して「方角が良くない」と言い出した。つまり、何かしらの占いのようなものだ。そして、それは確定された未来なのだと言わんばかりに新居で生活しろと言い出した。(この時まだ荷物を移動している最中で旧の住所で生活していた)
 自分の考え方は未来は誰にも予想できないしすることもできないので、わけのわからない占いなんぞに依存する理由が理解できなかった。これを論理的に話をしていても、この占いを妄信的に信じている母は聞く耳を持たない。つまり、論理的な話法はこういった人には通用しないのだ。だから、海外の外交などで無茶苦茶なことを言ってくる国家があってもそれはちっとも不思議ではないのだ。

 思えば、自分はこの妄信的な占いに人生を振り回されてきた。とにかくこの占いを信じないと親子の縁を切ると言わんばかりにこちらの言うことに非協力的になり、頑として意見を変えない。そうしたことが生まれたときから現在に至るまで人を拘束してきたので、その結果行動を積極的に起こすことが不安となって現れ社会不安障害となって顕出化されたのかもしれない。

 この占いの妄信的な試行は祖母、叔母、母と続いておりこの占いを聞かない奴はひどい目にあわせると言わんばかりのことを多く目の当たりにした。この母の家系、発達障害の疑いがある父の元で生まれ育ったら、自由を拘束されて常に行動するのに石橋を破壊寸前まで叩いてしか渡れない情けない自分がそこに存在してしまったというわけだ。

 このようなことがあるのなら、引っ越しに関しては親には黙殺するのがベストだと勉強した。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/684-6d52dbd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック