FC2ブログ

自治体も粉飾企業も中身は一緒

ここでは、「自治体も粉飾企業も中身は一緒」 に関する記事を紹介しています。
 夕張市の破綻の本を読んで、転落の経緯を見ると自治体も粉飾企業とやっていることは何ら変わらないということが分かった。
 バブル期の当時の市長がオラオラ系でリゾート施設を乱立させた。その後バブル崩壊でそれらの施設が大赤字となった。こんなことを道に報告できるかと隠れ借金をする。どうにもならなくなった時に、「実はこうでした」と白状して相当ひどい状況であることを明かす。総務省や道もやっていることを薄々知りながら、黙認して関与を避けてきた。

 つまり、オラオラ系でこけると、その上の組織も責任が自分のところに及びたくないため、あえて関与を避けてくる。こういった組織は粉飾企業などでよく見られる。だから、日本の大企業は部下に伸び伸びと自由裁量で仕事をさせる上司がいない。つまり責任を取りたくないからだ。

 自分もそうだが、この原因は学校の教育にあるのではないだろうか。選択式の試験で間違えれば0点取れれば加点というシステムは思考をオールオアナッシングにしやすくしてしまう。それが、社会的地位が低い人間に浸透してしまうとこうなってしまうのだろう。貧困問題に取り組んでいるNPO法人の話しを聞いたが、自分の本当にやりたいことを応援することは、寄付という観点から反対されることも結構あるのだという。

 だが、日本はもうそういってられない状況にあるのではないだろうか。どれだけ追い詰めれば日本人は重い腰を上げるのか非常に興味がある。本当にどうしようもなくなるまで動かないのか、実際敗戦のときはそうだったのだから外圧以外でこの状況は打破できるのか今後の日本の動きに注目していきたい。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/659-486b54fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック