FC2ブログ

暴落相場を過去から考える

ここでは、「暴落相場を過去から考える」 に関する記事を紹介しています。
 今回の暴落相場は2015年末から2016年初頭の流れに似ている。今相場はいったん落ち着いたように見えるので、過去から一旦下落の底から戻し、そこから再下落になった2016年1月から2月の各指標がどうなったか見ていきたい。
 2016年1月の戻しと2月の再下落の上昇と下落の頂点での、上昇率と下落率を見てみる。内容は以下のとおり。

■戻し
・日経平均:11.5%
・TOPIX:12.4%
・マザーズ:19.1%
・東証2部:10.5%
・ジャスダック:6.7%
【参考】ダウ:4.4%

■再下落(下落率)
・日経平均:19.5%
・TOPIX:22.3%
・マザーズ:29.7%
・東証2部:17.8%
・ジャスダック:14.4%
【参考】ダウ:5.1%

 こうしてみると、ショートポジションを組むならマザーズ、TOPIXを狙った方が大きく取れる。そして、戻しにおいても大きく取るには、日経平均よりもTOPIX、マザーズを買えば大きく取れる。

 ただ、ボラティリティが高い局面での話なので、うまく流れに乗るにはある程度の含み損は覚悟しなければならない。しかも10%程度の含み損は当たり前ということを覚悟の上で勝負を仕掛けるという覚悟が必要なのだろう。ブルベア投信などを仕掛ける時も同様だ。

 これらを見て面白いのは、急落時の戻りで買うべき市場は東証2部やジャスダックではないということだ。狙うなら東証1部の中小型株かマザーズ銘柄を狙うべきということがわかった。これは少々意外な感じがする。小型株である東証2部やジャスダックよりも東証1部の中小型株のほうが儲かる可能性が高いのだから。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/656-757575b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック