FC2ブログ

父はこの世でやり残したことがあるのか?

ここでは、「父はこの世でやり残したことがあるのか?」 に関する記事を紹介しています。
 「経済学的思考のセンス」という本を読んでいて、脳梗塞で倒れた父の状況を見るとそういうことなのかと思うことがある。
 上記本によると、人は大事なことが済むまでは死ぬ時期を遅らせることができるそうだ。去年脳梗塞で入院したときに危篤と言われて持ち直したとあったが、当時の状況を家族に聞くと「まだ死にたくない」という強い思いみたいなものがあったらしい。

 実際その後回復はしたが、自分が頭の中で思っていることと、言葉や行動面でやっていることが異なっているのがわかる。先月、肺炎で入院したが、退院後その症状がひどくなったようにも見える。行動面ではうなずきや片言を話す言葉に特に意味はなかった。つまりこちらからの働きかけで起こす行動にこちらがわからない態度で対応していた。

 しかし、向こうからの働きかけでは家族のことはわかるらしく、自分から何かを伝えたいという行動ははっきりと分かった。入院する以前は軽い会話から何かしらわかる言葉や態度が分かったが、今はそういったことがまったく分からなくなっている。これが一時的なのか、ずっと続くのかはわからない。

 しかし、何かしらこちらに意図を伝えようとするということは、今ここで何かしたいことがあるのだろうが、それをこちらがくみ取るのは難しい。気持ちは何かしてあげたいが伝わらない。

 ご参考になれば幸いです。

関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/653-ee879ffc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック