FC2ブログ

料理本のレシピから誤差を測定

ここでは、「料理本のレシピから誤差を測定」 に関する記事を紹介しています。
 節約という観点から、料理をしてみていろいろ思ったことを。
 参考にしたのは、節約ラクうまおかず524という本から。少し前の話になるが、2016年11月13日に材料を買ってきてかぼちゃと豚ひき肉のマヨ炒めとエビときのこ炒めの2品を作ってみた。まず、1人前の定義とは何ぞやというのが気になった。このおかず以外にも、後日何品か作ってみたが、1人前というのは、チェーン店の飲み屋の料理の取り皿の1.5倍くらいの量と思ってもらって間違いない。酢の物も作ってみたが、こちらは小鉢1杯分の量だった。

 昔、大喰らいだった自分から見ると「えっ、これで1人前?」と思える。育ちざかりの中高校生あたりもそう思うはずの量だ。そして、材料の相場も見てみた。調味料は焼き肉のたれ以外の費用を除くと、以下のようになっている。左は実費。中央は節約ラクうまおかず524の額、右は差額となっている。

・かぼちゃと豚ひき肉のマヨ炒め・・・157円、61円、96円
・エビときのこ炒め・・・153円、101円、41円

 料理本の値段があり得ないほど安い。全国の野菜の相場の最安値を拾ってくるとこの額になるのだろうか。値段についてはこの辺で、ではコスパの面で結果を分析する。

 コスパ的にはかぼちゃと豚ひき肉のマヨ炒めは、かぼちゃが結構お腹に溜まるので、値段の割には腹持ちがよくコスパが高い料理といえる。逆に節約ラクうまおかず524にあるエビときのこ炒めは、エビに大正エビを使っているが、スーパーに置いてなかったので、仕方なくブラックタイガーを代用。

 しかし、ブラックタイガーを使用したところ、4人前が2人前に減ってしまった。ブラックタイガーは炒めると身が縮んでしまい、量が減ってしまう。更に味も個人的にそれほど美味しくないため、コスパが非常に悪いことが判明した。ブラックタイガーは節約家にとって大敵といえよう。

 ご参考になれば幸いです。

関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/63-54055064
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック