FC2ブログ

自然災害と地方自治体

ここでは、「自然災害と地方自治体」 に関する記事を紹介しています。
 何度か貧困問題解決を図るNPO法人の話しを聞いてきた。その中で自然災害によって見えなかった問題があらわになっていることが分かった。
 自然災害を直で受けた土地は元々高齢化が進んで、災害のために家をなくした、親せきの家に引っ越したなどその土地に住めない事情が生じ、都会などに引っ越すと、災害復興の大変さと都会の便利さを比較した場合後者のほうを選択しやすい誘惑にかられるという。

 だから、災害の起きた土地は災害後も人が以前のように戻ることはないのだという。税金についての知識は乏しいが、こういったときは、その土地から撤収しもっと自治体をコンパクトにするか、地方自治体に税金の裁量をもっと増やすか2つが考えられる。NPO法人は後者の考えに賛同するだろうが、日本の現状からコストを考えると前者の方が効率的だと思うが、感情が支配する政治の世界ではこれは認められにくい。

 池田信夫氏は合理性だけ問いかけているが、政治の世界は感情の世界なのだ。だから、合理性だけではうまくいかないことが世の中には多々ある。経済学者はこういった問題をどのように考えているのだろうか。後者の場合は粘り強くコツコツとやらないと成果は上がらない。

 その土地にいる人々がこのような危機に対して合議制でどういった解決を図るのか、今後の動きに注目していきたい。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/622-6c1ece72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック