FC2ブログ

不特定多数の人間という特徴

ここでは、「不特定多数の人間という特徴」 に関する記事を紹介しています。
 ブログにせよ書籍にせよ不特定多数の人間に読まれるという点は共通している。その中から熱烈なファンになる人が2割程度いるというのがマーケティングの本に書いてあった。
 不特定多数の人間の特徴を初めに書いたのはルボンのようで、それを社会実験したのがヒトラーである。群集の記憶力はたいしたことはなくすぐに忘れてしまう。だからしつこく、できれば永遠にポイントを抑えて同じことをいうというのが広告のセオリーだったりする。

 それは、人間が情報過多の中で生きているので意識的に情報を取捨選択しているというのが大原則としてある。当然情報は狭く深いものの方が一定の人気が出やすいし、わかりやすいというのが群集心理だ。そして、○○と言えば△△というキーワードが無いとすぐに忘れ去られてしまう。当ブログも最後に同じことを言っているのは、「お口の恋人ロッテ」と同じ理屈でやっているからだ。

 不特定多数のブログで特徴を出すにはこのような戦略は有効なのだ。こういったことを飽きずに毎日コツコツと実践することが不特定多数の人間を振り向かせることができる一番有効な手段となる。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/607-fab140c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック