FC2ブログ

株式投資はつまるところアメリカのご機嫌次第

ここでは、「株式投資はつまるところアメリカのご機嫌次第」 に関する記事を紹介しています。
 株式投資の研究をしているが、裁定買い残が不景気のどん底付近のレベルまで落ちている。これだけ落ちているにもかかわらず、アメリカ相場が崩れるとその2倍日本株は下落する。
 つまりテクニカル面を見る時に裁定買い残よりアメリカ株の動向のほうが影響力が高いのだ。裁定買い残がどんなに少なかろうが、アメリカが崩れれば日本株は容赦なく売られる。しかも、その状況になったときはマザーズ、ジャスダックの下落がひどくなる。これは今後のショートの戦略を立てる上で非常に役立つデータとなる。

 不景気時にはアメリカと中国両方のご機嫌をうかがいながら日本株は動く。動きとしては中々面白い。このようなボラが高い日本株は長期投資に適さない。アメリカが不景気のどん底に落ちているときに優待株をコツコツ買い集め、アメリカ相場がピークになったときに全部売るのが理想なのだろう。間違っても日本株は日経平均4万円いくことは、今の為替水準で達成することは難しいと思う。なるとしたら円という通貨が暴落した時のみだと自分は思っている。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/602-d833886e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック