FC2ブログ

経営者の誤謬

ここでは、「経営者の誤謬」 に関する記事を紹介しています。
 日本人はよく残業をして生産性が低いと海外からのニュースなどでよく聞かれる。これは一概に労働基準法の欠陥と従業員だけの問題ではない。
 例えば上場企業の場合、利益を上げることが至上命題となっている。ここである2つの部署があるとする。一つの部署は毎日定時で帰って利益はそこそこ。これをチームAとする。もう一つの部署は毎日夜10時まで残業をしている。しかし、残業込みで仕事をしても、利益はチームAの1.5倍だとする。これをチームBとする。

 そうすると、経営者は利益を上げているチームBを高く評価する。この会社は上場をしているので、来期はもっと売上と粗利を上げなさいと各部署をプッシュする。そう考えた場合、チームBは現状で夜10時に帰っているのに更に利益を上げるのは体力的にほぼ不可能となる。そうすると考えられるのは、これは無理というか外注を含めた人を増やすかの択一になる。

 しかし、前者は年功序列の日本のシステムで言うことができる組織はほとんどない。そのため、後者の選択をするが仕事の伝達から覚えるまでそれなりの時間がかかる。これを0にできるかというと不可能である。結局人を増やしても残業は減らず、目標を達成できなければ反省会という余計な仕事が増える。結果ブラック企業が出来上がる。

 東芝の経営者だった土光敏夫の本を見て分かったが、朝の6時に職場に来て夜の11時に帰るような経営者が自分は毎日これを継続しているのだから、従業員もできるはずだと思うのがそもそもの間違いであることに経営者自身も気づかない。そもそも、経営者は一般の人の健康問題について色々読書をしているのかはなはだ疑問だ。

 だから、科学的な仕事の仕方を最近の若い人は覚えたいのではないだろうか。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/600-a9697a3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック