FC2ブログ

ブランディングの科学の検証

ここでは、「ブランディングの科学の検証」 に関する記事を紹介しています。
 「ブランディングの科学」に広告は止めると認知度はじりじりと下がっていくので止めてはいけないという法則がある。それをブログで検証してみた。
 下の図はGoogleAnalyticsで当ブログのアクセス数を調べたものだ。いくつか山があるが、これは土日に色々なFC2ブログを巡回した結果である。大体1時間から1時間半くらい時間をかけて巡回している。それ以外の日は巡回は一切していない。その結果、一見さんが見に来るという事実はわかった。

 確かに、ブログ巡回を止めると認知度は下がるということは、この実験で判明した。アクセスが10を下回らないのはブログの巡回をした結果、当ブログのファンが10人増えたといえる。「ブランディングの科学」では、マーケティングとはこの一見さんを2回、3回アクセスさせるように誘導するのが技術であると述べている。常連さんは既にファンであるし、悪評が立たない限りは常にそこに時間を割いてくれるというものだ。

 これが商品のマーケティングだと、常連さんといえども大半がサラリーマンなので、購買金額はほぼ固定されており、昇給や常連さん自身が節約などをして更に商品を買いたいという強烈な動機がない限りは、購買金額は増えない。だから一見さんが商品を年1回しか買わないところ、2回、3回にしてその範囲つまり一見さんの絶対数をすべて2回、3回と商品を買わせると売り上げが上がるというのがマーケティングの実態であるという本書の考え方に自分は賛同する。

 だが、当ブログで課題となる疑問が一つある。アクセス数がこのやり方だと飛躍的に伸びないという壁にぶち当たっているということだ。仕事をしている関係上、毎日ブログを巡回する暇はない。かといってやったところでアクセス数の伸びはこのままだとたかが知れているという状況である。

 しかし、FC2ブログでもとんでもないアクセス数を出している事例がある。つまりそこには何かしらの口コミ(インフルエンサー)の影響があると思われるのだが、それが狭い範囲でのノウハウという理屈という曖昧な意味だけなのか、他の要因があるのか自分の中でははっきりしない。そのため、口コミの影響というのをじっくり調べてみようというのが今後の課題である。

 ご参考になれば幸いです。

googleanalytics20181104.jpg

関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/592-f0ae81a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック