FC2ブログ

緩く生きようという考え方

ここでは、「緩く生きようという考え方」 に関する記事を紹介しています。
 昨日、精神科医の医者と話しをしてきた。仕事の増加とストイックすぎる生き方で心身が相当疲れているとのことだった。
 今までパートタイムで働いていたということがあり、生活するのがやっとという給料つまり時給制から転職して月給制になってようやく貯金できる生活になった。しかし、半年毎の給料を見ると控除額の増え方が異常に高くなってきていることに気づき、最初1食500円だったものが70円まで切り詰めるようになっていった。これは健康問題を考えたうえでお腹を満腹にしないという意図もあるがそれだけ削っても、給料で手取りを増やすのが難しくなってきた。

 そのため、極端なストイックな生活をするようになった。そのせいもあり貯金額が2年で100万円程度貯まるようになった。今のペースでは年間で70万円貯金するのが限界だとわかっている。仕事も1人派遣の人が辞めたので、その人の仕事と今までやっている仕事をかけ持つようになった。一部は別の人に仕事を振ったが、短期間での引継と仕事が慣れるまで時間がかかるし最初はミスも多いということもあり、相当ストレスが溜まっていた。

 仕事がきつきつのスケジュールで今まで仕事をしていたこと、それによるストレスと不景気時に備えての貯金額の確保のため、ストイックな生活をせざるを得なかった。年齢を考えると、転職は難しいので副業の軌道を載せるか今の仕事で付加価値をつけ続けるかしかない。

 遊びを予算に組む人は、社会適応能力がある程度ある人や給料が結構高い人が多いというイメージがある。妻の買っている雑誌の家庭の旦那の給料を見ると、サラリーマンでそこそこ順調に出世している人が多いように見受けられる。社会適合性が低い自分にはサラリーマンが苦痛で仕方がない。だから遊びをなくしても貯金をしなければと気を張ってしまう。

 それが溜まり溜まって、一気に疲れが出てきた。それを解消するために、予算を立てて1年の未来ライフプランと仕事の計画を立てていこうと思うが、まだ構想が練れていない。それが今後の精神的な辛さを解消するかもしれない。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/577-8d078ea6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック