FC2ブログ

老齢年金の意義

ここでは、「老齢年金の意義」 に関する記事を紹介しています。
 近年問題になっている老齢年金だが、自分が調べた結果今後老齢年金支給は意味をなさなくなってくるのではないかと思っている。
 理由は色々あるが、食の欧米化が進んでこれから日本人の平均寿命は下がっていき、最終的には65~70歳くらいで落ち着くのではないかということが1つ。そして、本来老齢年金が必要な人は貧困層に該当する人だが、貧困と寿命は相関があるらしく貧困層は寿命が短い。そして、金持ち層は寿命が長いらしい。金持ち層はそもそも老齢年金など当てにしなくても生活できる可能性は高い。そして、貧困層の割合はこれからどんどん増えていくことが予想される。

 とこれらの経済的な問題を考えると、年金は遺族と障害に限定したほうが良いのではないだろうか?遺族と障害だけにすると納める保険料はどのくらいになるのだろうか?非常に興味深いがそういった計算をしているところが見当たらなかった。現状より相当額減るのではないかと思われる。そうすれば手取り給料が増えてあるレベルまでは国民所得は上がるのではないだろうか。

 国民にビビってこういった経済状況を説明しない省庁は仕事をしていないと思われてもしょうがないと思うがいかがだろうか。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/571-a92c95d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック