FC2ブログ

日本の労働市場の流動性

ここでは、「日本の労働市場の流動性」 に関する記事を紹介しています。
 日本の労働市場の流動性を高める方法がこんな方法だったとはと今の日本を見ると興味深い。
 海外は解雇規制が日本ほど厳しくないので、解雇されてもすぐに仕事を探せるというのが一般的なようだがそれができない日本はどうやって流動性を高めたかというと人口減がそれを成し遂げたという点が興味深い。

 労働集約型の仕事が人手不足になっているようだ。このような業界は自分が就職したときは「お前の代わりなどいくらでもいる」という態度を取っていた。それが今度は向こうから頭を下げないと来てくれない。しかも今はブラック企業は敬遠される環境となっている。今、日本の大企業、スポーツ界においてパワハラを含めたハラスメントが問題視されているが、今後はこのようなことをしている組織に人は入ってこない。

 労働者もバカではないので、今後は計画的に貯金をしてこのようなブラック企業に入るくらいなら貯金を切り崩すか、生活保護をもらった方がマシという考え方に至るだろう。ブラック企業に代表される日本のお家芸である家父長制がどこまで固執して最終的に崩壊するのか非常に興味がある。

 明治維新のような今までの生活が180度変わるような展開があるのだろうか。その時、人々の教育と人格形成はどう変わるのだろうか。その歴史を見届けたいと思っている。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/570-844c08d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック