FC2ブログ

2冊目を出したことで1冊目に影響があるか?

ここでは、「2冊目を出したことで1冊目に影響があるか?」 に関する記事を紹介しています。
 先日、2冊目の本を出したことは述べた。詳しくは以下参照。

【検討課題】出版の数と売り上げの関係
 今回の本(2冊目)はそこそこ人気が好調のようで、1冊目と比べると順位は上の方にあった。では、2冊目を出したことで1冊目に影響が出たかというと、全然それはなかった。これは、出版した数が少ない故1冊目の影響がまったくなかったのか、それとも1冊目の本の内容はそもそも人気の出にくい内容の本なのか、要素を考え出すときりがない。

 しかし、現実は上記のとおりとなった。主観的に判断するなら家計管理というお題の本は人気があまりないというのが真実の気がする。この副業は本の形に持っていくまでに書く文字の量をたたき出すのが素人レベルだと難しい。これが今後の課題で、ジャンルは出版社と調整しながら継続して続けていく予定だ。

 「すべてがFになる」の作者森博嗣氏が「作家の収支」で述べていたが、1冊売れて浮かれている暇があったら、新しいのをどんどん書け。それは、何が当たるか分からないからだと述べている。この考え方は自分も賛成で、新しいものを創作する仕事は何がヒットするかはわからないので色々な分野の自己啓発本をコツコツ出していこうと思う。

 ご参考になれば幸いです。

関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/565-ada6265d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック