FC2ブログ

利益を優先するか、腕を磨くのを優先するか

ここでは、「利益を優先するか、腕を磨くのを優先するか」 に関する記事を紹介しています。
 「賭けの考え方」という本を読んで自分の欲望を抑えるのは難しいことを改めて実感した。
 投資をしていると、利益至上主義になるか、腕を磨くかという二者択一の選択を迫られる時がある。例えば、年間の損益がマイナスのときなどは損を取り戻そうとして利益至上主義に走りやすくなる。しかし、「賭けの考え方」はそのような考えは破産への第一歩だと戒めている。焦って損を取り戻そうとして掛金を増やす。その時は冷静な判断ができていないので損が拡大する。というのが本書の教えだ。

 年末に損をしているとき、時間的な期限が迫っているとき自分はこの判断を良くしてしまっていた。結果は上記の本のとおりとなってしまった。つまり、投資において勝つためには利益至上主義は捨てて、腕を磨くことに集中するとうまくいくという。それは銘柄選択だけでなく、資金管理のやり方についても同様だ。

 これをどんな状況のときでも優先させることが投資でうまくいくコツなのだろう。これを早く会得する人とできない人がいるが、生まれ育った環境に依存しそうだ。ちなみにこれは、利益確定のときも両面性が出てくる。欲を出してもっと利益を出すまでポジションを持ち続けるか、頭としっぽはくれてやれ精神で市況を見たうえで利益を確定するかという判断も非常に難しい。

 日本市場の場合はボラティリティが高いので、少しでも判断を誤ると大損する可能性が高いのでこの腕を磨くというスキルと心理は相場で儲けるには必須の条件となるだろう。

 ご参考になれば幸いです。

関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/563-c399d8fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック