FC2ブログ

貧困の子の特徴と自分を照らし合わせてみる

ここでは、「貧困の子の特徴と自分を照らし合わせてみる」 に関する記事を紹介しています。
 「子どもの最貧国日本」から貧困の中で育った子供の特徴が載っていた。
 それによると、自我が弱く、疎外感や絶望感、劣等感を持ちやすい。更に現在の楽しみのみを志向し、将来に対する備えをしない、衝動性のコントロールに欠ける、権威主義への強い志向、依存性の高さ、怠け癖などの心理的な特徴があるらしい。

 すべてが自分に当てはまるわけではないが、自我が弱い、疎外感や絶望感、劣等感を持ちやすい、衝動性のコントロールに欠ける、権威主義への強い志向あたりが当てはまる。該当項目が多いのはやはり貧困家庭に育ったからだろうか。弟は上記のほとんどに当てはまる。

 この本を読んでいると、そういった子供が成長するとどうなるかも記載がされており、大体自分に当てはまる。この現実を見せられて、心が折れそうになる。投資手法にしても、勉強方法にしても自分がやっていることは「貧乏くさい」と思っていてもそれを金持ち層の考え方にシフトできないのも貧困的発想なのかもしれない。

 ご参考になれば幸いです。

関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/560-7b18dd81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック