FC2ブログ

多くの日本人はインフレ破綻を望んでいるのか?

ここでは、「多くの日本人はインフレ破綻を望んでいるのか?」 に関する記事を紹介しています。
 日本の政治というのは、あるロビイストが声を上げると逆らえないという問題がある。
 例えば、あるロビイストAとロビイストBの意見が対立している場合、両方の折衷案を法律として成立させる。その結果、制約事項が増えて使い物にならない法律ができあがる。国の借金が1,000兆円だと言っている元凶は間違いなく社会保障費だ。

 しかし、老人が大半を占める日本で年金問題にメスを入れる政治家はいない。その結果何が起こるのかというと、食の自由化でこれからの若い人は寿命が短くなる。その結果、年金受給年齢くらいまで平均寿命が低くなる。年金受給権者に対しては、為替を無理やりにでも円安にすることで、年金は給付するが食料など生活に必要な物価を高くして実質借金を減殺させる。

 これを多くの日本人が望んでいるということなのだろう。もし、こういった政治家の目論見を外したければ、老人層がロビー活動をしてこういった現状の年金システムの将来はこうなると危機感を持って対策を政治家に訴えるはずだからだ。

 しかし、自分の親を見てよく分かるが、そういった考えは老人にはない。あるのは、自分が死ぬまではこの状態をキープし続けろ、後のことは死んでいるからどうでもいいという自分勝手な思惑だけなのだろう。貧困層の老人はこのような考え方が大半を占めるのではないだろうか。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/547-2c0f8e2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック