FC2ブログ

住所と所得の関係(自分の過去3)

ここでは、「 住所と所得の関係(自分の過去3)」 に関する記事を紹介しています。
 大学に入ったはいいが、パソコン全くの初心者で教授が知っていることを前提で授業をしてくる。学生も高校まででパソコンオタクのような人が多く入ってきていた。当然、一から覚えるので授業が終わった後にパソコンルームでプログラミングの勉強をしていた。プログラミングは覚えるのにコツがあるので、慣れないうちは助手の教授のところに何度も足を運んでコツを教えてもらった。

 大学は気を抜くと単位を取れないので、勉強を継続して行っていた。ここでも友人はおらず、一人で黙々と勉強していた。人と話すと大量に汗をかくため、中々人と話せない。だからバイトもできないでいた。大学の場所は関東の中では田舎の方だった。だから、大学教授も自分は全部前提をしゃべっていると思い込んでいて、こちらが聞いていないことを自分が説明したと思い込んでいるので、何を反論しようとしても馬の耳に念仏となっていた。

 卒論は人工知能で株価を予測するものを作った。今は過熱感がある人工知能の分野だが、当時は教授から「人工知能なんておもちゃだよ」と言われていた。それが、今の世の中を見て当時の教授はどう思っていたのだろうか。ここでも相場観はあったが、就職で人工知能などやっている会社がないため、上場企業の子会社に就職した。就職活動は4年の4月からゆっくり就活していたが、寡黙な性分なため、中々内定が取れず、就職した会社は出来たばかりという運もあった。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/538-e893befb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック