FC2ブログ

スポットライト効果は怖すぎる

ここでは、「スポットライト効果は怖すぎる」 に関する記事を紹介しています。
 以前、アマゾンレビューの酷評で述べたことだが、スポットライト効果は時として当事者に残酷な結果を与える。詳しくは以下参照。

アマゾンレビューの酷評を見てみる
 昔、貧乏だった人でも大成できるというのが日本人の根底にあるようだが、貧困問題を見ているとそのような日本人が宝くじレベルの大物で、大半は底辺でもがき苦しんでいるという事実から目をそらしている。

 このブログで何度か紹介した西原理恵子氏は、親がスラム街のような生まれ育った町から出させてあげたい一心で娘のためにそれなりのお金を用意してくれた。この義理があり、お金が無くなったときにどの面下げて親元に戻れるんだという強い思いがあったから彼女は貧困を脱出できた。親の愛情があってこそのハングリー精神だと思う。

 また、林業で財をなした本多静六も貧困家計とはいえ、幼少期はのびのびと育てられたという。だから、貧乏になっても幼少期に培った自由な発想が大人になっても通用して、貧困に耐性がついていたのだ。

 だが、大半の家計は貧乏から脱出できないという事実から目を背けている。これらは新聞などで特に報じられない事実であり、普通の人が目を通すメディア(新聞、テレビ、インターネット)には表に出てこない。だから、本多静六や松下幸之助のような人がより輝いて見えるのだ。

 いかに、本多静六や松下幸之助であってもDV親の元に生まれていたら、今語り継がれることはなかっただろう。親の愛情をどういった形であれ受け取れたという事実があれば、貧困であっても多少は耐性がつく。しかし、それすらないような家庭では、そこから這い上がるのは困難を極めるということに今の理論は成り立っている。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/527-5384de34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック