FC2ブログ

正々堂々では強さを発揮する日本人。それが弱点でもある

ここでは、「正々堂々では強さを発揮する日本人。それが弱点でもある」 に関する記事を紹介しています。
 山本七平の「日本はなぜ敗れるのか」に載っている日本人の強さは何なのか検討してみる。
 日本人の強さは条件が相手と全く同じで、そこからルールを変えないという条件なら世界一強いかもしれない。それは、漫画の世界で人気がある格闘漫画は大抵上記の条件に当てはめて格闘をしている。

 しかし、アメリカ人のように「どんな手を使おうが勝てばいいのよ」というタイプにはめっぽう弱い。せいぜい「卑怯だ!」と罵るくらいしかできないであろう。この習慣はどこから来るのか?スパルタ体質だと、思考停止に陥りやすいのでうまい具合に人を誘導しやすい。だから、単純なルールでそれを変えなければ強さを発揮するのかもしれない。

 これを「我慢」してある分野にとてつもなく強くなっても、それ以外の教育は施されていないため、ルールが変わると脆さを露呈する。どうしたらよいか分からないためだ。やはり日本に必要なのは、知的好奇心を育むための教育と環境なのではないだろうか。

 だから、日本人はアメリカ人には短期的には勝てても、長期的に見た場合集団で競ったら必ず負ける運命にある。

 ご参考になれば幸いです。

関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/516-ebc9c537
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック