FC2ブログ

年金制度を知っている人と知らない人との差

ここでは、「年金制度を知っている人と知らない人との差」 に関する記事を紹介しています。
 続・下流老人に貧困に陥った人がルポ形式で載っていた。日本経済の闇が垣間見えた。
 貧困に陥る人は大体、介護保険を含めた社会保障システムの中身をよく知らないで生活をしてきたという人が多い。社会保障のシステム自体があるモデル家族を前提に作られており、それは学校で教わることはない。だから自主的にこれらを知っておかなければならない。

 しかし、このブログで何度も書いているように、人の自由思考を年功序列と一方的に教える授業システムで剥奪する社会システムのため、この罠にはまった人は大体貧困になっているようだ。自分がこのことに気づいたのは30代初めになってから。それから、日々の日本の状況を歴史と共に遡りこれから起こりうることを予測して動くようになった。

 この本の筆者は北欧型の社会システムを目指しているようだが、もっと根本的なことが欠けている。今の教育制度を全面的に否定しなければ北欧型システムなど絵に描いた餅に過ぎない。だから、今社会人で働いて漫然と不安を感じている人も、この漫然とした不安を自分で明確にしない限り、この本に書いてある下流老人になる可能性は高くなるのだ。

 これが自分が行動で保守的になれない理由なのだ。保守的になるといつの間にか国から資産を奪取される可能性が高くなる。だから生活面にかかる色々なものを調べることをやめないのだ。

 ご参考になれば幸いです。

関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/496-dffc4b69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック