FC2ブログ

地元の人が良く買う商品を買うのは場所にも依存する

ここでは、「地元の人が良く買う商品を買うのは場所にも依存する」 に関する記事を紹介しています。
 先週からの3連休を使って、妻の父が単身赴任している兵庫県に行ってきた。詳しくは以下参照。

今日から小旅行。そこである検証を。
 兵庫県の相生というところに2泊3日で過ごした。地方の都市では米沢と雰囲気が似ていた。車で行くような過疎地ではなく、車で行ける範囲で全国チェーン店をそこそこ見るといった場所だ。

 しかし、上記記事で書いた通りの結果とはならなかった。というのは小売業自体がかなり洗練されていて、地元で活躍するスーパーというものが淘汰されていて、大型スーパーが何社かあるといった感じだった。鳥取は時間の関係でスーパーを見れなかった。相生の他にちょっと車で行ったところに、赤穂浪士で有名な赤穂もあるので行ってみたが、このあたりのスーパーはイオンが基軸に生活圏が成り立っているように見えた。

 もちろん、場所を変えれば似たようなスーパーはあるのだろうが、期待している地元スーパーは存在しなかった。イオンやマックスバリュは全国チェーン店なので、売っているものは関東とほぼ同じで米だけは岡山米が地元色が強いという印象だった。ただ、米も米どころの東北や新潟の米も売っていたので、それほど地元色濃いなという印象は受けなかった。

 結論として、地元だけで活躍するスーパーでないと、中々その県だけで日常使われる食品や調味料は探しにくいということが判明した。また、このあたりはイオンが財務が悪化したら生活風景がどうなるのか気になった。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/481-dab9ea51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック