FC2ブログ

何をもって貧乏老後というのだろうか?

ここでは、「何をもって貧乏老後というのだろうか?」 に関する記事を紹介しています。
 最近、ネットや雑誌で貧乏老後の特集をやっており、さらに先日月12万円で生活できるかと焼身自殺した老人がいたが、自分が今やっているライフプランから考察してみようと思う。
 自分は関東に住んでおり、今の会社に勤めて3年目になるが2年前の年収が203万円だった。家計簿をつけているのでざっくりと見てみることにします。一応妻と二人暮らしなので、単純に2で割ると仮定します。

・住居費:45,500円
・水道光熱費:5,300円
・食費:20,200円
・通信費(携帯電話代):5,700円
・日用品費:2,300円
・医療費:1,000円
・確定拠出年金代:12,000円
・昼食代;5,400円
・その他趣味諸々の支出:21,000円
・Wifi代:6,400円

合計:124,800円

 服とかはぼろくなった時に不定期に買うのと、貯蓄は別で計算すると月12万円の年金生活者のどこが貧困なの?と思ってしまう。ちなみにその他諸々の支出は新聞代、amazonの電子書籍などの娯楽費が入っています。

 年金生活者は確定拠出年金は入れないからこのお金を抜くと、112,800円で生活できます。さらに食費は妻が作った場合なので、自分が妻が入院していた時に3週間の食費を計算しましたが月ベースだと15,000円程度で上げられます。

 一人で月12万円もあれば努力すれば、貯金もできるじゃありませんか!それを原資にして株式投資でもインデックス投資でもすれば多少はゆとりある生活ができるでしょう!というのが自分の見解です。

 贅沢を一切しないで生活しようと思えば月10万円で暮らすことも無理ではありません。その場合は貯金は多分できないと思いますが。おひとりさま月12~14万円の年金で貧乏老後って言いますが、自分にとっては老後は煩わしい人間関係がない分、現役で働いている人が同じだけ手取りもらうのと楽さも違います。

 サラリーマンの年収の中央値すら届いていない自分のライフプランでどうやって裕福になっていくのかというのを、実験するためにもこのブログは書いています。基本は障害者雇用の人やシングルマザーは親元で協力を仰ぎながら生活水準を上げるのが基本だろうなと思います。

 基本は時間を稼ぎつつ、収入の高い副業を探すというのが王道だろうなと。妻帯者でいい生活しているお前が何言ってんだ!と言われそうですが、まあ、それは人生いろいろということで。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/4-aba78bd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック