FC2ブログ

貧困の要因と自分の置かれている環境のギャップを考える

ここでは、「貧困の要因と自分の置かれている環境のギャップを考える」 に関する記事を紹介しています。
 貧困問題を色々調べていると、働けなくなったときに一定の所得以下になると非常に大変な人生を送ることが良く分かった。自分の場合は、非常に感受性が高いので、人間関係や仕事でのマイナス面がある一定の閾値を超えると精神的ダメージが増幅してすぐ働けなくなるのでなおさらだ。
 スパルタ教育が自分と相性が悪いにも関わらず、日本はそれがデフォルトの教育環境なので、理想をうんと低くしないとあっという間に働けなくなる。今も職場での会話は最小限にとどめているが、それでも8時間働くとどっと疲れる。このような生き方をしているので、当然受け取る年金予想額(年金定期便)も非常に低い。現在の水準だと国民年金満額程度となっている。

 計算したところ、裕福な老人の所得400万円に到達するには、あと月収レベルで23万円程度増やさなくてはならない。介護保険が有効に機能するにはこのくらいの所得ではないと使い物にならないらしい。自分の場合は、子供もいないのでなおさらだ。定年を60歳と考えると、約20年で不労所得なり、独立して仕事を得るものを得ないと老後破産を迎える可能性が高い。

 今は、地道に努力をしてパートの頃から収入を上げて何とか貯蓄額を増やすことができた。あとは、投資をコツコツやってどのくらい資産を増やせるか、配当金、分配金をどのくらい増やせるか計算している。景気には波があるので、なるべく不景気のどん底にREITを購入して不労所得を増やしたいと考えている。

 まだ、定年まで20年近くあるので、じっくり人生計画を練っていきたい。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/339-416486da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック