FC2ブログ

生産性と経営者の意識のずれ

ここでは、「生産性と経営者の意識のずれ」 に関する記事を紹介しています。
 最近、国は従業員の生産性を上げようと躍起になっている。これについて、自分が考えている経営者の意識を予想してみる。
 日本の場合、特定の業界を除き生産性は低い。要するにこれを改善しろと国は言っているようだが、この分野の経営者は生産性を上げるということは、作業の無駄を徹底的に削れという認識でいるように見える。「ゆとりの法則」でリスターの法則というものを載せている。これは、「人間は時間的なプレッシャーをいくらかけられても、速くは考えられない」というものだ。

 これを管理職に当てはめると、このプレッシャーを過度に与えられ、更に成果を求められる。そして、管理職の評価は定性的だ。さらに、管理職は無駄な会議にたくさん出るので、時間がいくらあっても足りないという状況になるという。経営者が管理職にこのようなことを要求すると、たちまちブラック企業が出来上がる。日本人はマーケティングが下手なので、このような思考に陥りやすいことは容易に想像がつく。

 自分もIT企業で働いていた時に、このような経験をしたことがある。(管理職ではなく、下っ端としてスパルタの連鎖を受けている)上場企業なら、利益を要求されるため、知的労働は時短でアイデアを出せと言われても不可能であり、経営者はそういった思考をしやすいのも場合によってはあるだろう。

 ご参考になれば幸いです。

関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/284-f29bdbb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック