FC2ブログ

選挙の心裡留保

ここでは、「選挙の心裡留保」 に関する記事を紹介しています。
 選挙のシステムというのは日本に限らず、どこも同じだが特に貧富の差が激しいところは国民の思考が短期的になりやすい。それは過去に述べたとおりだ。詳しくは以下参照。

貧困層の増加と短期志向
 選挙に勝つにはこの国民感情を煽る政策を取れば必ず政権を取れる。しかし、政治家が一緒にこの短期的思考に沿った政策をすると財政破綻をする。しなくても、高いインフレを起こす。だから政治家は政策を立案するときに、長期的なものを中心にしなければならない。

 つまり、真の政治家になるには、選挙で半分くらい嘘をついて(短期的な政策が有効なものもあるため)当選し、政治家になったら長期的政策を推し進めなければならないという、いわゆる心裡留保状態に置かれる。これに対し政治屋は国民と一緒になって選挙と政策が短期的な施策をするようになる人のことをいう。

 だから、政治家は心の中で葛藤を起こすに違いない。その葛藤を呑み込んで政策を推し進めるわけだから、中々そのような人を数百人集めるのは至難の業だろう。これが選挙というシステムなのだ。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/281-c0252bfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック