FC2ブログ

下流老人のライフプラン

ここでは、「下流老人のライフプラン」 に関する記事を紹介しています。
 実家の両親が下流老人に近い生活を送っているので、死亡までに逃げ切れるのかどうなのかも含めて考えてみたい。
 アベノミクスは最終的に年金問題はスルーして、インフレによってこの問題を回避しようとしている。つまり、年金受給権者はインフレのことを考慮して今後ライフプランを立てなくてはならない。今の流れを見ていると、投資によって金を稼ぐのが王道で、給料所得が一番損をするシステムになっている。

 両親の投資の考え方は、一日一回相場を見なければならないので、面倒くさいというものだ。これを解決するのが、インデックス投資かつドルコスト平均法による投資だが、良く分からないので投資できないとなっている。実際今は自分の見方では天井圏が近づいており、年齢を考えると急落したときにドルコスト平均法は致命的となる。この場合は、現金でやり取りをするのがベストとなる。

 貯蓄が中々できない中で、いつ死ぬか分からない年齢、しかし、政府はインフレをごり押ししている。そう考えると、下流老人のライフプランは中々難しい局面となっている。下流老人のライフプランでネットで調べたが、予防のことばかり書いてあって、実際なった場合の記事は発見できなかった。

 そういった局面で、少し貧困から脱出した自分が両親の死亡までに何ができるのか自問自答する日々が続いている。ライフプランとして家計の助けとなるよう、電気代を食う電気製品を、相当な金額を使ってこちらで支出し入れ替えした。その結果、年間で約11,000円程度の電気代節約に成功した。もっとこのあたりを突き詰めて、生活の苦労を軽減していきたいと考えている。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/278-cfed4627
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック