FC2ブログ

SPRINT仕事術考察

ここでは、「SPRINT仕事術考察」 に関する記事を紹介しています。
 「SPRINT」という本を読んだ。本当に仕事が早く終えることが可能なのか自分なりに考察してみた。
 SPRINTは提案型の仕事を1週間で終えるのに有効な方法と言える。プレゼン資料を多人数で別々に作成し、それを会議で多数決で決めるという手法だが、面白いのは意見の対立があるモノを比較して検討することだ。

 あとは、電話が入らない状況を作っているように見える。進んでいる会社だと、勤務時間内にお客から電話がかかってこないようにしているのだろうか。まずはこの電話を排除するのにどうしているのか、自分はこれを一番知りたい。稼ぐ会社はこの電話と会議の参加者を絞っているように見える。

 SPRINTのような仕事術をするには、そのチームの個人個人の能力が一般人と比べてかなり突出していないとできないような気がする。Googleクラスの仕事術だと、そのような傾向が強い。だから、Googleは心理学者や経済学者のような一見するとIT技術とは何の関係もない人を雇ったりするのだ。お客のほうも、一定の知的レベルより下なら相手にしなさそうだ。

 そうしないと、アジャイル開発などできそうにないし、そもそもその発想すら出てこない。このような仕事術を日本で適用することは可能かどうか考えると難しそうだ。

 ご参考になれば幸いです。

関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/274-21285286
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック