FC2ブログ

ピラミッディング投資は資産規模が大きくなってから

ここでは、「ピラミッディング投資は資産規模が大きくなってから」 に関する記事を紹介しています。
 投資の戦略でピラミッディング投資というのがある。これは何かというと、最初ある程度の量で株を購入する。株価がある程度上がったところで、最初より少ない量の株を購入する。とこれを何回か繰り返すというもの。
 しかしながら、リスクを1~5%に抑える前提で株式投資をやると最初の頃は資金量と経験の問題でそれほど買い増しできない問題がある。そうすると、ピラミッドというより最初と同数の株を追加買い増しする方法か、1回の投資のみで追加買い増しは行わないという戦略を取らざるを得ない。

 しかしながら、ある程度資金量ができるとそういった戦略が可能になり、損失リスクの最小化を考えた場合、最初の購入数の半分以下がベストと思っている。

 最初100円の株を400株、次に120円になったときに200株買うのと、最初同価格で400株、次に同価格で300株を買うと平均購入単価は前者は107円(端数切り上げ)、後者は109円(端数切り上げ)となり損切りラインが2円違ってくる。仮に120円のまま推移すると、損切りラインは、前者は10.8%の下落で、後者は9.2%の下落で収支0になる。株価が低位の場合ですら、1.6%の差があるわけで、値嵩株の場合、もっとこの差が顕著にでる。

 あとは自分が許容できるリスクと相場を秤にかけながらピラミッディングのボリュームを考慮していくことになる。これも確率・統計で数値化できるが、じゃあ自分の心理面と相談して最適なのは何なのよ?という回答については「それは各々で判断してください」という結論になる。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/27-5c531b82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック