FC2ブログ

貧困の連鎖から抜け出せない理由

ここでは、「貧困の連鎖から抜け出せない理由」 に関する記事を紹介しています。
 自分も社会不安障害になって、自分のそれまでの環境を振り返るとこの状態から脱出するのはとてつもなく難しい。それこそ、自己責任の一言で片づけるのは当事者にとっては責任放棄に受け取られる。
 「いつも時間がないあなたに-欠乏の行動経済学」によると、貧困は時間、お金が欠乏状態にある。その結果人付き合いも少なくなる。どんどん深みにはまっていって抜け出せなくなる。この状態は自己責任では片づけられない。このような状態になったときは、脱出方法を知っている人がおせっかいをやかないと抜け出せないのだ。

 本には収入に波がある貧困層を取り上げている。裕福な期間は余裕があるため今を楽しむ。その結果、不況の時の対策は一切しない。そして、不況の時は時間とお金の欠乏が生じる。その結果、誤った判断をしてしまう。緊急かつ重要なことが何重にも襲ってくるので、1つを対策している間に他の重要なことを見落としてしまう。

 このような状態になると、抜け出すのは難しくなる。日本のIT業界で障害が起きた時に、何日も徹夜や人の増員をしてもすぐに解決しないのと同じ現象だという。これだけ、脳に負荷が掛けられると、衝動を抑えるのは難しくなる。そのため、貧困層はお金が溜まっても、無駄遣いしてしまうという。

 今のところ、本での知識なので、それが実世界で本当なのか実情をセミナーで聞いてみる予定だ。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/269-2dbba6ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック