FC2ブログ

スティグマの烙印を押されると知的レベルが上がるのか?

ここでは、「スティグマの烙印を押されると知的レベルが上がるのか?」 に関する記事を紹介しています。
 スティグマの社会学という本を読んでいると、なるほどと思うことが多々ある。
 日本の場合、マイノリティはスティグマの対象になりやすい。スティグマの烙印を押されると、権利を回復するのに、知的レベルを上げなければいけない。なぜならマジョリティはそもそも現状維持で良いと思っているので、権利を取るにはスティグマの烙印を押されたものが自分で論理的に説明しなければ、その烙印が取れることはないからだ。

 そうやって権利を獲得して歴史(法律)を作っても、世論は総論賛成、各論反対の意思表示をする。それは、心情的にはやらなくてはならないが、具体的にどうやって接したらいいか分からないからだ。こういったことがあるので、常にスティグマの烙印を押された人は、この烙印が押されなくなるまで勉強を続けるのではないだろうか。

 しかも、この行為は心理的負担がとてつもなく大きい。今は、娯楽も発達しているので、勉強するまえにゲームなどの依存症になってしまう恐れもある。では、この依存症になるか、勉強を継続できるかを分ける領域は何なのかと考えた場合、味方がどれだけいるかということである。

 自分の場合も、学生の頃は身体の特徴でスティグマの烙印を押されたことがあった。しかし、昔からいる友人はそのことについて立場は中立であって、味方ではない。スティグマの社会学では、この味方は誰かというと、自分と同じ痛みを持っている人と当事者の事情通であることだという。

 この味方を如何に多くつけるかで、自殺や社会不安障害、ゲーム依存症などに苦しまずに、世間体に気にしない優秀な人格形成ができるのだろう。

 ご参考になれば幸いです。

関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/190-6d91abe5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック