FC2ブログ

引っ越しの際の築年数

ここでは、「引っ越しの際の築年数」 に関する記事を紹介しています。
 今の場所を借りてから、そろそろ4年になる。不動産の本を色々調べると、賃貸料がそろそろ割に合わなくなってくる時が近づいている。
 今の所得で住む場所を考えると、築年数の新しい物件は広さが狭い。しかし、設備(特に風呂、冷房)は新しいので、電気代は自分でコントロールしやすいし、安い。逆に築年数の古いものは、同じ賃料で広さが広いものがちらほらあったりする。しかし、設備は古いので、電気代やガス代が若干割高で、ものによってはコントロールしにくい側面もあったりする。

 個人的には、今住んでいる所は狭いので、築年数が20年前後で広さがあと10平方メートル広いところに引っ越したいと考えている。電気代については、エアコンが築年数が古いと電気代がかかるという問題がある。更に風呂についても、ものによっては温度調節が効かないものがあったりしそう。これに住む期間を考えて、引っ越しを考えるのがいいかもしれない。

 更に問題として、部屋の仕切りが遮光用になっていないので、快適な睡眠がとれているか科学的には不明な点である。自分と妻の就寝時間が2時間程度違う(自分のほうが早く寝る)ので、2時間程度、家の蛍光灯が隣の部屋でついたまま寝ている状態となっている。

 まとめると、今の部屋での課題は以下の通り

・冷房、風呂については節約効果が高い
・部屋の広さが狭い
・部屋の仕切りが遮光になっていないので、寝室の隣の部屋が電気がついた状態で寝なければならない

 逆に中古物件で賃貸した場合の課題は以下の通り

・部屋は広い(新築と同じ賃料の場合)
・設備は古いので電気代、ガス代が上がる可能性がある

 以下のことと他に気付いたことがあれば、随時備忘録で記載する。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/187-510d7961
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック