FC2ブログ

外の気温と風呂の温度の快適度の下限値

ここでは、「外の気温と風呂の温度の快適度の下限値」 に関する記事を紹介しています。
 ガス代を節約するのに風呂の水温を38度にすることは以前述べた。詳しくは以下参照。

ガス代の節約検証
 水温38度のお湯で、外の気温が何度までなら38度設定で耐えられるか、自分の体で検証してみた。BMIが20少々の自分の体では外の最高気温が23度が水温38度設定で耐えられる気温だった。先日、台風が来た時に最高気温が21度だったが、風呂上りが寒かった。

 気温22度がないという意見もあるが、23度でぎりぎり風呂上りが浸かって身体の芯からあったまった熱で過ごせる気温だった。恐らく22度は寒いと感じるだろう。

 結論としては、最高気温が23度以上の時は、風呂の水温は38度の設定をして、それ以下になったときは風呂の温度を上げた方がいいようだ。あくまでも、自分の場合であって、体型の参考としてBMIを上げてみた。やや我慢体質もあることを加えておく。これで、9月は120円程度ガス代が節約できると予想する。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/185-e340536d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック