FC2ブログ

経済学的視点から見た有給

ここでは、「経済学的視点から見た有給」 に関する記事を紹介しています。
 新聞等で日本は、有休取得率が低いことがよく指摘されている。
 有給を取るということは、仕事でお金を稼いでいないことになり、それを面接である程度聞き出すのがリスクヘッジになると考える。それは、事業主が仕事の割り振りを有休を盆正月しか考慮しない会社なのか、従業員は上記事実を知ったうえで、自主的に生産性を上げるのか、この辺は入社時の面接で調整するのがいいのではないかと推測する。

 当然、これ以外の要素でお客との契約関連の問題が絡むと、上記以外の不確定要素となり、有給取得率が減る可能性もある。これも、不良顧客と優良顧客とがあって、利益至上主義なら不良顧客とも付き合わなければならないので、有給取得率が低下することが予想される。

 そう考えると、従業員もある程度こういった経済学的視点は必要で、有給を取りやすい職場かどうかはどこまで事業主が従業員想いなのかまた、どこまで仕事の負担を経営でカバーしてくれるのか認識する必要がある。こういった不安要素をどうやって取り除くのかは、今後研究していきたい。

 ご参考になれば幸いです。
関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/179-94d4ee6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック