FC2ブログ

ヒトラーの宣伝テク(1)

ここでは、「ヒトラーの宣伝テク(1)」 に関する記事を紹介しています。
 世の中、ヒトラーの名前を出すのはタブー視されているが、そのテクニックは都合よく企業に利用されている。
 ヒトラーは「わが闘争」の中で、宣伝について細かく説明している。その中で、大衆は理解力は小さく、忘却力は大きいと解説している。これを選挙に応用している。では、企業はどのように利用しているのか?

 わかりやすいのがソフトバンクやauなどの携帯電話のCMが該当する。なぜ何年にもわたって白戸次郎や三太郎を使い続けているのかというと、大衆は忘れやすいので、違ったシチュエーションのCMを頻繁に変えて流しても記憶に残らないからだ。

 同じシチュエーションでバリエーションを変えているので、自分はもうソフトバンクの宣伝で白戸次郎をやる以前のソフトバンクのCMは何をやっていたか知らない(SMAP?)。auは三太郎以前に柳原可奈子と松岡修造がやっていたことは知っているが、これを知っている人はどのくらいいるだろうか?他の会社のCMで頻繁に内容を変えているものは世の中の人は覚えているだろうか?

 ヒトラーは大衆マーケティングでは成功者なので、もし広告業界に勤めていたら大成功したに違いない。

 ご参考になれば幸いです。

関連記事

読んでためになったという方は、是非クリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://socialunrestinvestor.blog.fc2.com/tb.php/177-4d71e0fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック